1. トップページ
  2. 魚嫌いを治すためのアドバイス

魚嫌いを治すためのアドバイス

【魚食ペース】週436歳・女性

魚嫌いには二つ理由があると思います。味が嫌いな場合。多くは「生臭い」せいでしょう。これは新鮮であればかなり軽減されるので、一度漁港にでもいって新鮮な魚を食べてみてはいかがでしょう?あとは、調理法でかなり変わります。つぎは面倒。食べるのも料理するのも面倒なイメージがあります。これは食べやすい料理もあるので、まずはこちらから慣れてください。面倒ささえ気にならないほど美味しい魚に出会えば、きっと変わるはずです。

【魚食ペース】週2、3回20代・女性

魚は骨や鱗が食べにくくて敬遠する方もたくさんいらっしゃるかと思います。生協では骨も取り除いた切り身の冷凍を販売していたりするので、そういったスーパーを探して少しでも調理が楽な方法を探してみるのも一つの手だと思います。

【魚食ペース】毎日1食30代・女性

とくに青魚はDHAやEPAという、美容や健康にいい成分が豊富に含まれています。サプリメントを飲むよりも、毎日少しでいいので魚をとることによって、必ずいい効果をもたらしてくれると思います。

【魚食ペース】週5回40代・女性

魚が嫌いな人は、多分本当の魚の味を知らなのだと思います。私の好きなシャケ、ホッケは、スーパーに売っているレベルと市場のレベルでは味が全然違うのです。本来の魚の味を食べれる機会があれば、絶対に魚が好きになると思います。

【魚食ペース】1週間に3日ぐらい40代・女性

魚嫌いの人は結構いますが、魚は調理法を変えれば、お肉のようにすごく味わいが濃厚な献立もあります。ですから自分が好きな方法で調理すればきっと美味しく食べることができるようになると思います。魚は肉と違って油っぽさがありませんが、それが嫌なら、脂ののった鯖などをおすすめします。

【魚食ペース】週7回48歳・女性

世の中の方は、魚嫌いと思い込んでいるだけで、本当は魚を多く食べていることを教えてあげたいです。なぜなら、皆お寿司が大好きで、家族で回転寿司に食べに行くことが多いという事実があるからです。魚の栄養面もかなりあることも、知ればもっと食べたくなるはずです。

【魚食ペース】週に4日30代・女性

お魚にはたくさんの種類があります。そして食べ方も色々です。例えば生(お刺身)が苦手でも火を通したら大丈夫、ということはよくあると思います。一種類の魚を一種類の食べ方で嫌いになるのではなく、いろんな魚や食べ方に挑戦してみてください。きっとあなたの好きな味が見つかるはずです。

【魚食ペース】週7回40代・女性

魚に興味を持ってみると面白いことがたくさんあります。魚の種類によってさばき方が違ったり、面白いところに骨があったり。また、手がかかるためか安く売られているものもあります。お店で食べれば高価なかまなどは魚屋に行くと思った以上にやすかったりもします。ネットで調べることでおいしく食べられる方法もわかります。ぜひ興味を持ってみてほしいとおもいます。

【魚食ペース】二日に一度か毎晩29歳・女性

子供が小さい頃よくしていたメニューですが、サンマやアジの開きの身をほぐして、他の具材と一緒に炊き込みご飯にていました。余った焼き魚やお刺身でも出来ますし、炊き込みご飯なので、あまり魚を感じません。サバの味噌煮などの缶詰ならご飯を混ぜるだけで、手軽にできます。

【魚食ペース】週5回25歳・女性

生の魚が嫌いという人は良く聞きますが、調理の仕方によって味もだいぶ変わってくるので自分に合った魚と調理法を見つけるのがいいと思います。マグロなんかは焼いてしまうと肉のようになるので、魚嫌いの人でも食べられるのではないでしょうか。

Copyright (C) 2017 魚食と美容健康 All Rights Reserved.